北海道大学 > 触媒化学研究センター > 研究討論会
ホーム
プログラム
申込/問合せ
 
 
交通機関の乱れのためプログラムを一部変更しましたが,無事終了しました.  
第18回北海道大学触媒化学研究センター研究討論会

『結晶と触媒』

日程■2008年1月24日(木)〜25日(金)
場所■北海道大学創成科学研究棟5階大会議室(講演)/2階サイエンスプラザ(ポスターセッション/懇親会)[札幌市北区北21条西10丁目=会場までのアクセスはこちら
主催■北海道大学触媒化学研究センター
共催■北海道大学グローバルCOEプログラム「触媒が先導する物質科学」/北海道イノベーション創出ナノ加工・計測支援ネットワーク(HINTS)
協賛■触媒学会光触媒研究会/日立ハイテクノロジーズ/日本電子/島津製作所/北海道和光純薬/モノリス(交渉中を含む)
世話人■触媒反応化学研究部門教授・大谷文章/結晶機能化クラスター准教授・阿部竜


これまでの触媒反応の解析は,実在あるいは仮想的な「活性点」における化学反応を想定することがほとんどでした.このため,触媒化学における構造解析はミクロスケールの表面構造がおもな対象でした.しかし,光触媒のように明らかに活性点がない場合や,原子分子サイズを超えた大きさの構造が反応特性を支配する場合もあることがわかってきました.この討論会では,固体構造を決定づける結晶というマクロな構造と触媒作用との関わりについてディスカッションすることをめざしています.
スケジュール(プログラムはこちら
1月24日(木): 13:00〜16:15■講演4件・16:30〜19:30■ポスターセッション/懇親会
1月25日(金): 09:00〜15:00■講演6件
 
触媒化学研究センター 北海道大学グローバルCOEプログラム「触媒が先導する物質科学」 北海道イノベーション創出ナノ加工・計測支援ネットワーク  

copyright 2008・北海道大学触媒化学研究センター:このサイトの内容の無断転載を禁じます