ホーム > 論文等発表
論文等発表(640レコード)
昇順 降順 | 最大 件表示   アブストラクトを表示しない  URL
条件検索
    
絞込検索
  
年・月・日
  日 | 年度のみ 以前 以降 |出版済/published | 引用数表示/citation 《OUT: 3.230.143.40》
きょうの論文
  日  「bo」以外も 「others」も表示
format コード/code 名+年/name_year タイトル/title 引用数/citation DOI フレームなし| citation-num filter range
 ● きょうの論文 (2 hits) 
■ BEATA・2018 (full paper) 《15》 ETRAPD〈accepted 2018/02/17〉 
B. Tryba, M. Wozniak, G. Zolnierkiewicz, N. Guskos, A. W. Morawski, C. Colbeau-Justin, R. Wrobel, A. Nitta and B. Ohtani, Influence of an electronic structure of N-TiO2 on its photocatalytic activity towards decomposition of acetaldehyde under UV and fluorescent Lamps Irradiation, Catalysts, 8, 85 (2018).* [DOI] [HUSCAP] ●窒素ドープ酸化チタンのキャラクタリゼーションとして逆二重励起光音響分光法による電子トラップ密度のエネルギー分布解析をおこなったポーランド西ポメラニア工科大学のモラウスキ(Antoni. W. Morawski)教授のグループとの国際共同研究
■ FPA・2007 (full paper) 《64》 RECOMB〈received 2007/02/17〉 
N. Murakami, O.-O. Prieto-Mahaney, R. Abe, T. Torimoto and B. Ohtani*, Double-Beam Photoacoustic Spectroscopic Studies on Transient Absorption of Titanium(IV) Oxide Photocatalyst Powders, J. Phys. Chem. C, 111, 11927-11935 (2007).* [DOI] [HUSCAP] ●装置を自作し測定法を独自に開発した二重励起光音響分光法についてフルペーパー.解析手法について詳細に検討するとともに,種々の市販酸化チタンについて,再結合中心と考えられる電子トラップの密度を解析した結果をメチルビオロゲンを用いる光化学法の結果と比較することにより,光音響分光法の欠点である吸収の絶対値が得られない点を回避できることをしめした.
page top