トップ

English

研究室紹介

ギャラリー

トピックス

募集

メンバー

研究テーマ

学会発表

論文・著書

セミナー

リンク

| 1998年11月〜1999年3月 | 1999年4月〜2000年3月 | 2000年4月〜2001年3月 |

降順に掲載しています。太字が発表者。()内は講演番号。要旨原稿のpdf ファイルがあるものは、[ ] にタイプとサイズが示されています。ご希望の方はメイルでお知らせください。(メイル送信システムを構築中です。チェックボックスをクリックしても今のところ何も起こりません)(最終更新:2007年05月13日)

2001年4月〜
  • 第20回光が関わる触媒化学シンポジウム(東工大・大岡山)2001年6月5日
    • 池田茂椙山昇鳥本司大谷文章:「酸化チタンの光触媒活性におよぼす結晶欠陥密度の影響(Influence of Defective Sites on Photocatalytic Activity of Titanium(IV) oxide)」(10)
  • 第8回日韓触媒シンポジウム (The 8TH Japan - Korea Symposium on Catalysis) (堺) 2001年5月28-30日
    • Yoshinori Ishii, Masaaki Kohno, Hiroshi Kominami, Yoshiya Kera, and Bunsho Ohtani, Photocatalytic activities of brookite-type titanium oxide nano-crystals prepared by solvothermal method
    • Hiroshi Kominami, Hisayuki Kumamoto, Yoshiya Kera, and Bunsho Ohtani, Preparation of Transparent Photocatalytic Coatings by Immobilization of Highly Active Titanium(IV) Oxide Particles
    • Takao Nakaseko, Shin-ya Murakami, Hiroshi Kominami, Yoshiya Kera, and Bunsho Ohtani, Photocatalytic oxidation of ammonia in an aqueous suspensions of titanium(IV) oxide
  • The 6th International Conference on Solar Energy and Applied Photochemistry (Cairo, Egypt) 2001年4月3-8日
    • Di Paola A., G. Marci, B. Ohtani and L. Palmisano, Transition Metal doped TiO2: Physical properties and photocatalytic behaviour
  • 電気化学会第68回大会(神戸)2001年4月1-3日
    • 鳥本司: 半導体粒子の機能化と光電気化学特性制御[進歩賞受賞講演](受3G07)[pdf: 72K]
    • 大谷文章: 二次元不斉−電極上の有機化合物がつくる不斉配列構造[特別講演](特2H07)[pdf: 138K]
    • 中村奈央・鳥本司・大谷文章: 光触媒活性の波長依存性におよぼす酸化チタン粉末結晶構造の影響(1G04)[pdf: 33K]
    • 中西卓也・山川直子・朝日透・逢坂哲彌・大谷文章・魚崎浩平: 軸不斉化合物自己組織化単分子膜修飾QCMによる光学活性アミノ酸吸着挙動の評価(2C17)[pdf: 57K]

pagetop

2000年4月〜2001年3月
  • 日本化学会第79回春季年会(神戸)2001年3月28-31日
    • 石井善徳*・河野将明*・古南博*・計良善也*・大谷文章(*近畿大理工): ソルボサーマル法で合成したブルカイト型酸化チタンナノ結晶の光触媒特性(Photocatalytic activities of brookite-type titanium oxide nano-crystals prepared by solvothermal method)(2PB174)
    • 中世古隆生*・村上伸也*・古南博*・計良善也*・大谷文章(*近畿大理工): 酸化チタン光触媒による水中アンモニアの酸化反応(Photocatalytic oxidation of ammonia in aqueous suspensions of titanium oxide)(2PB176)
    • 熊本久之*・古南博*・計良善也*・大谷文章(*近畿大理工): 酸化チタン光触媒懸濁系における水中マラカイトグリーンの分解反応:活性と物性の相関の解析(Photocatalytic decomposition of malachite green in aqueous suspensions of titanium oxide)(2PB177)
    • 山川直子・中西卓也・朝日透・逢坂哲彌・大谷文章・魚崎浩平:「軸不斉化合物自己組織化単分子膜上への光学活性アミノ酸吸着挙動(Adsorption of Optically Active Amino Acid on Self-Assembling Monolayer of Atropisomeric Compound)」(2PB229) [pdf: 12K]
    • 古南博*・古荘暁俊*・村上伸也*・計良善也*・大谷文章*(*近畿大理工): 酸化チタン光触媒による水中硝酸イオンの選択還元(Selective photocatalytic reduction of nitrate ions in aqueous suspension of titanium oxide)(3J147)
    • 古南博*・藪谷恵一*・計良善也*・大谷文章(*近畿大理工): ソルボサーマル法による高活性酸化タングステン光触媒の合成(Synthesis of tungsten oxide photocatalysts of high activity by solvothermal method)(3PA238) [pdf: 9K]
    • ボナマリ=パル池田茂大谷文章: 硫化水銀(II)のアミノ酸水溶液中での光触媒反応(Photocatalytic Reaction of Amino Acid by Mercury(II) Sulfide Crystals in Aqueous Dispersion)(3J133) [pdf: 14K]
    • 椙山昇池田茂大谷文章: 遷移金属を添加した酸化チタン粉末の光触媒活性と物性(Photocatalytic Activity and Physical Properties of Transition-Metal Loaded Titanium (IV) Oxide Powders)(3J143) [pdf: 18K]
    • 池田茂ハディ=ヌル大谷文章: 液液界面触媒による液相酸化反応(Liquid Phase Oxidation by Using Phase-Boundary Catalysts)(4J201) [pdf: 15K]
  • 第87回触媒討論会(関西大学)2001年3月27-28日
    • 池田茂・Hadi Nur・大谷文章[B1講演]: 液液系界面触媒反応(2B05) [pdf: 404K]
    • 池田茂・椙山昇・大谷文章[ポスター]: 遷移金属添加酸化チタンの物性と光触媒活性の相関(1P25) [pdf: 18K]
  • Symposium: Frontiers of Nano-scale Catalysis and Electrochemistry
    • Torimoto, T.・Kontani, H.・Shibutani, Y.・Kuwabata, S.・Yoneyama, H.・Ohtani, B.:「Characterization of Ultra-small CdS Nanoparticles Prepared by the Size-Selective Photoetching Technique(P19)
    • Ikeda, S.Nur, H.Ohtani, B.:「Liquid-Liquid Phase Boundary Catalysis by Amphiphilic Zeolite Nanoparticles(P22)
  • International Sympsium on Catalysis and Fine Chemicals (C&FC2001) (Tokyo) 2001年3月12-14日
    • Shigeru Ikeda, Hadi Nur, and Bunsho Ohtani, Phase-boundary catalysis: a novel approach for alkene epoxidation by amphiphilic zeolite catalyst [pdf: 15K]
  • 人工粘土研究会第49回研究会(名古屋)2001年2月2日
    • 池田茂: 水を完全に分解する新しい触媒反応 [pdf: 87K]
  • 2001年冬季研究発表会(札幌)2001年2月1-2日
    • 椙山昇・池田茂・大谷文章: 遷移金属添加酸化チタンにおける励起電子−正孔の再結合と光触媒活性の関係 (2B14)
    • Bonamali Pal・池田茂・大谷文章: Photochemical reactions of HgS crystals in aqueous amino acid dispersions (2B15)
    • Hadi Nur・池田茂・大谷文章: Epoxidation of alkene at a boundary of aqueous hydrogen peroxide and organic phases by amphiphilic titanium-loaded zeolite catalyst (2B16)
  • Symposium on Nano-structured Materials and Advanced Functions: Post Symposiumo of International Conference on Colloid and Surface Science (札幌) 2000年11月10-11日
    • Tsukasa Torimoto, Naohiro Tsumura, Hiroshi Yoneyama and Bunsho Ohtani, Fabrication of CdS Nanoparticle Arrays and Their Photoelectrochemical Properties (O-11) [pdf: 168K]
    • Shigeru Ikeda, Hadi Nur and Bunsho Ohtani, Phase Boundary Catalysis: A Novel Approach for Alkene Epoxidation by Zeolite Partly Modified with Alkylsilane with Hydrogen Peroxide (P-7) [pdf: 21K]
    • Bonamali Pal, Shigeru Ikeda and Bunsho Ohtani, Photocatalytic Reaction of Mercury(II) Sulfide Suspended or Immersed in an Aqueous Amino Acid Solution (P-8) [pdf: 26K]
  • 2000年光化学討論会(札幌)2000年9月25-27日
    • 池田茂・椙山昇・大谷文章: 酸化チタン光触媒の励起電子−正孔の再結合速度の評価:活性 −特性相関 (2C09) [pdf: 24K]
    • ボナマリ=パル・ 池田茂・大谷文章: 硫化水銀(II)粉末の光触媒反応 (3P095) [pdf: 37K]
  • 第86回触媒討論会(鳥取)2000年9月19-22日
    • Bonamali Pal・池田茂・大谷文章: Photocatalytic Reaction by Natural Mercury(II) Sulfide Crystals Suspended in Aqueous Solutions (3H16) [pdf: 13K]
    • 池田茂・椙山昇・大谷文章: 酸化チタン粉末の物性と懸濁系光触媒活性の関係 (4H05) [pdf: 26K]
    • Hadi Nur・池田茂・大谷文章: Zeolite Catalyst Loaded with Alkylsilane-Covered Titanium Oxide as a Model Catalyst of Triphase System (4G10) [pdf: 20K]
  • 2000年電気化学秋季大会(習志野)2000年9月12-13日
    • 平川力*・古南 博・大谷文章・野坂芳雄*(*長岡技科大工):焼成処理が及ぼすHyCOM-TiO2光触媒の還元反応特性と表面ラジカル種への影響(1E25) [pdf: 257K]
    • 池田茂・椙山昇・大谷文章: 酸化チタンの表面欠陥量測定による再結合速度の評価 (1E26) [pdf: 39K]
    • 大谷文章・ボナマリ=パル・池田茂: 硫化水銀による懸濁系光触媒反応 (1E31) [pdf: 39K]
  • 2000 International Symposium on Formation, Physics and Device Application of Quantum Dot Structures (QDS 2000) (札幌)2000年9月10-14日
    • Bunsho Ohtani, Shen Ye and Kohei Uosaki, Modification of Semiconductor Surfaces by Self-Assembled Monolayers (Tu3-5) [pdf: K]
  • International Symposium on Electrochemistry of Ordered Interfaces 2000 (EOI-2000) (Sapporo) 2000年8月24-26日
    • Shigeru Ikeda, Noboru Sugiyama, Bonamali Pal, Giuseppe Marci, Leonardo Palmisano, and Bunsho Ohtani; Effect of Charge Recombination on Photocatalytic Activity of Transition-Metal-Loaded Titanium(IV) Oxide Suspended in Aqueous Solutions (P33) [pdf: K]
  • (IPS-2000) Thirteenth International Conference on Photochemical Conversion and Storage of Solar Energy (Snowmass) 2000年7月30日-8月4日
    • Shigeru Ikeda, Noboru Sugiyama, Bonamali Pal, Bunsho Ohtani, Giuseppe Marci and Leonardo Palmisano; Photocatalytic Activity of Transition-Metal Loaded Titanium(IV) Oxide Powders: Correlation with Recombination Kinetics (?) [pdf: K]
    • Bunsho Ohtani, Bonamali Pal and Shigeru Ikeda; Photocatalytic Reaction of Amino Acids on Several Metal Sulfide Particles (?) [pdf: K]
  • The 12th International Congres on Catalysis (Granada) 2000年7月9-14日
    • Hiroshi Kominami, Jun-ichi Kato, Shin-ya Murakami, Masaaki Kohno, Yoshiya Kera, Sei-ichi Nishimoto, Masashi Inoue, Tomoyuki Inui, and Bunsho Ohtani; Thermal Treatment of Titanium Alkoxides in Organic Media: Novel Synthesis Methods for Titanium(IV) Oxide Photocatalyst of Ultra-high Activity (?) [pdf: 37K]
  • 電気化学会北海道支部若手研究者発表会(札幌)2000年6月30日
    • 池田茂・椙山昇・大谷文章: 酸化チタン粉末の励起電子-正孔の再結合と光触媒活性の関係 (P4) [pdf: 21K]
  • 第19回光がかかわる触媒化学シンポジウム(東京)2000年6月14日
    • 池田茂・椙山昇・大谷文章: 酸化チタン光触媒の活性・特性評価 (9) [pdf: 42K]
  • 4th International Mini-Symposium on Diamond Electrochemistry and Related Topics (東京) 2000年5月31日-6月1日
    • Young-ho Kim, Ichizo Yagi, Kohei Uosaki, Bunsho Ohtani and Akira Fujishima; Alteration of the semiconducting properties of lightly boron-doped diamond electrode by electrochemical anodization (P15) [pdf: 30K]
  • 電気化学会第67回大会(名古屋)2000年4月4-6日
    • 大谷文章(依頼講演:光電気化学): 超高速分光法による半導体の光励起初期過程の追跡(特2F11)[pdf: 52K]
    • 大谷文章・池田 茂・椙山昇: 酸化チタン光触媒の活性−特性相関の評価(2F21)[pdf: 24K]

pagetop

1999年4月〜2000年3月
  • 日本化学会第78春季年会(船橋)2000年3月28-31日
    • 林耕司・村上伸也・古南博・計良善也・大谷文章: 酸化チタン光触媒による二クロム酸イオンの還元−吸着量と活性の相関−(Photocatalytic reduction of dichromate ions in the aqueous solusion of titanium oxide; Relation between the amount of adsorption and photocatalytic activity)
    • 宮川恵美・村上伸也・古南博・計良善也・大谷文章: 有機溶媒中におけるタンタル酸塩化合物の合成とその光触媒特性(Synthesis of tantalate compounds in organic media and their photocatalytic activities)
    • 池田茂・Sahar A. Mohamed・大谷文章: 酸化チタンによる水汚染モデル化合物の光触媒分解(Photocatalytic Degradation of Organic Contaminants in Water by Using Titanium (IV) Oxide Powders)(2H229) [pdf: 23K]
    • 池田茂・椙山昇・PAL Bonamali・大谷文章: 遷移金属を添加した酸化チタンによる懸濁系光触媒反応(Liquid Phase Photocatalytic Reaction on Transition- Metal Loaded Titanium (IV) Oxide Powder)(2H230) [pdf: 24K]
    • 大谷文章・池田茂・古南博・村上伸也・計良善也: 超高活性酸化チタン光触媒の再結合速度の評価(Evaluation of Recombination Rate of Photoexicited Electron and Positive Hole on Ultrahigh Active Titanium (IV) Oxide Powders)(2H231) [pdf: 25K]
    • 井上博幸・村上伸也・古南博・計良善也・大谷文章: 酸化チタン光触媒による硝酸イオンの還元的除去(Photocatalytic reduction of nitrate ions by TiO2 powders)
  • 第85回触媒討論会(習志野)2000年3月27-28日
    • 椙山昇・池田茂・ボナマリ パル・大谷文章: 遷移金属をドープした酸化チタンによる懸濁系光触媒反応−電子・正孔の再結合と活性の関係 (1P30) [pdf: 21K]
    • 林耕司・村上伸也・古南博・計良善也・大谷文章: 酸化チタンによる二クロム酸イオンの還元低毒性化 (?) [pdf: 27K]
  • 第3回産研国際シンポジウム:ナノエレクトロニクスの最前線(大阪)2000年3月14-15日
    • Sigeru Ikeda, Bunsho Ohtani, Direct Observation of Electron-Hole Recombination Kinetics in Photoexcited Semiconductor Nanoparticles by Ultrafast Laser Spectroscopy (?) [pdf: K]
  • 第18回吸着分子の分光セミナー(小樽)1999年12月18-19日
    • 大谷文章・池田茂・ボナマリ=パル・椙山昇: フェムト秒ポンプ−プローブ法による半導体光触媒の評価 (1)
  • 触媒化学研究センター国際シンポジウム(札幌)1999年12月4-7日
    • Bunsho OHTANI, Role of Recombination in Photocatalysis: Femtosecond Laser Spectroscopic Study on the Charge Carrier Kinetics in Semiconducting Materials (B-14) [pdf: 34K]
    • Shigeru IKEDA, Noboru SUGIYAMA, Bonamali PAL, Bunsho OHTANI, Giuseppe MARCI, and Leonardo PALMISANO, Photocatalytic Activity of Transition-Metal Doped Titanium(IV) Oxide Powders (P-25) [pdf: 21K]
    • Bunsho OHTANI, Akiko SHINTANI, and Kohei UOSAKI, Two-dimensional Chirality in Self-assembled Monolayer of Atropisomeric Compounds Covalently Bound to Gold (P-26) [pdf: 59K]
  • 第19回表面科学講演大会(東京)1999年12月2-3日
    • 大谷文章・新谷哲子・魚崎浩平: 表面修飾による二次元不斉構造の創製 (2C05) [pdf: 48K]
  • 第18回固体・表面光化学討論会(札幌)1999年11月29-30日
    • 大谷文章・宮本大・野口秀典・魚崎浩平: ポンプ−プローブ拡散反射分光法による酸化チタン光触媒の再結合過程の追跡 (101) [pdf: 56K]
  • 第6回シンポジウム「光触媒の最近の展開」(東京)1999年11月26日
    • 池田茂・椙山昇・Bonamali Pal・大谷文章: 酸化チタンにおける励起電子−正孔の再結合速度と光触媒活性の関係−遷移金属ドープの影響− (P-59) [pdf: 21K]
    • 熊本久之・古南博・計良善也・大谷文章
      超高活性酸化チタン光触媒透明薄膜の調製 (P-05) [pdf: 26K]
  • Information Exchange Seminar on Photoconversion and Photosynthesis: Past, Present and Future Prospects(岡崎)1999年11月15-17日
    • Bunsho Ohtani, Hidenori Noguchi, Dai Miyamoto, and Kohei Uosaki, Ultrafast Laser Spectroscopic Study on Photogenerated Charge Carrier in Titanium Oxide Particles (VI-01) [pdf: 9K]
  • 触媒化学研究センター研究発表会(札幌)1999年11月5日
    • 大谷文章・池田茂・ボナマリ パル: 触媒反応化学分野 (?) [pdf: 50K]
  • 触媒化学研究センター技術部研修会(札幌)1999年10月28日
    • 大谷文章: 表面における対称性:分子でつくる二次元不斉構造 (講演2) [pdf: 55K]
  • 日米電気化学合同大会(ホノルル)1999年10月17-22日
    • Bunsho Ohtani, Hidenori Noguchi, Dai Miyamoto, and Kohei Uosaki, Femtosecond Laser Spectroscopic Study on the Recombination Kinetics in Semiconducting Materials (2222) [pdf: 19K]
    • Bunsho Ohtani, Akiko Shintani, and Kohei Uosaki, Two-dimensional Chirality: Self-assembled Monolayer of Atropisomeric Compounds Covalently Bound to Gold Surface (1928) [pdf: 46K]
    • Shigeru Ikeda, Noboru Sugiyama, Bonamali Pal, and Bunsho Ohtani, Effect of Doping of Transition Metals to Titanium(IV) Oxide Powders on Their Photocatalytic Activity in Aqueous Suspensions (1454) [pdf: 22K]
  • 第84回触媒討論会(秋田大)1999年9月29日-10月2日
    • 大谷文章・野口秀典・宮本大・魚崎浩平: 酸化チタン光触媒の過渡吸収におよぼす励起光波長の影響(3C18)[pdf: 26K]
    • 村上伸也・古南博・計良善也・岡田克己・大谷文章: 超高活性酸化チタン光触媒による水の完全分解反応(3C19)[pdf: 27K]
    • 池田茂・椙山昇・ボナマリ-パル・大谷文章: 遷移金属をドープした酸化チタン粉末の物性と光触媒活性(3C20)[pdf: 27K]
    • 大谷文章(依頼講演:エレクトロフォトキャタリシスセッション): 光触媒反応の活性は何によって決まるのか−再結合の評価と制御(4C07) [pdf: 22K]
  • 日本化学会第77秋季年会(札幌)1999年9月23-26日
    • 金泳浩・大谷文章・藤嶋昭・魚崎浩平[電気化学の学際的展開]: ホウ素ドープしたダイヤモンド電極における酸化還元対の可逆性に対する電気化学アノード酸化の効果(2A107)[pdf: 40K]
    • 大谷文章・新谷哲子・魚崎浩平[ナノ構造体の化学−機能とデザイン−]: 二次元不斉−軸不斉化合物自己組織化単分子膜のSTM観察 (3A509)[pdf: 59K]
    • 大谷文章[環境調和型の反応場における有機合成化学]: 半導体光触媒反応による含窒素有機化合物の反応 (3B314) [pdf: 16K]
    • 椙山昇・池田茂・ボナマリ パル・大谷文章(一般研究発表・ポスター): 懸濁酸化チタンの光触媒活性に対する遷移金属ドープの効果 (4P2B007)[pdf: 19K]
  • 第14回生体機能関連化学シンポジウム(札幌)1999年9月23-24日
    • 大谷文章: 半導体光触媒反応によるアミノ酸の環化反応−酵素類似反応系の開拓 (1E215) [pdf: 15K]
  • 第39回オーロラセミナー(登別)1999年7年24-25日
    • 椙山昇・ボナマリ パル・池田茂・大谷文章: 酸化チタンの光触媒活性と物性におよぼす遷移金属ドープの影響
  • 日本化学会北海道支部1999年夏季研究発表会(苫小牧)1999年7月23日
    • 椙山昇・ボナマリ パル・池田茂・大谷文章: 遷移金属をドープした酸化チタンの物性と光触媒活性 (B11) [pdf: 16K]
  • 第23回エレクトロオーガニックケミストリー討論会(長岡)1999年7月1-2日
    • 大谷文章・新谷哲子・魚崎浩平: 不斉表面−軸不斉化合物自己組織化単分子膜がつくる二次元不斉構造 (B-20) [pdf: 55K]
  • 第17回ライラックセミナー・第6回若手研究者交流会(大滝村)1999年6月26-27日
    • 大谷文章: 表面に分子や粒子をならべる:不斉表面と単粒子層膜
  • 第18回光が関わる触媒化学シンポジウム(東京)1999年6月14日
    • 大谷文章・野口秀典・宮本大・魚崎浩平: 超高速分光法による半導体光触媒の光励起初期過程の追跡 (6) [pdf: 79K]
  • 3rd International Mini-Symposium on Diamond Electrochemistry and Related Topics, Tokyo, June 7-8, 1999
    • Bunsho Ohtani, Young-ho Kim, Kohei Uosaki, Electrochemical Treatment of Boron-Doped Diamond Electrodes (S12) [pdf: 43K]
  • 16th North American Catalysis Society Meeting, Boston, May 30 - June 4, 1999
    • Hiroshi Kominami, Jun-ichi Kato, Shin-ya Murakami, Yoshiya Kera, Masashi Inoue, Tomoyuki Inui and Bunsho Ohtani, Thermal Treatment of Titanium Alkoxides in Alcohols: New Synthesis Method for Titanium(IV) Oxide Photocatalyst of Ultra-High Activity (B-021) [pdf: 9K]
  • '99 Asian Conference on Electrochemistry, Tokyo, May 19-21, 1999
    • Young-ho Kim, Bunsho Ohtani, Kohei Uosaki, Effect of Electrochemical Treatments on Boron-Doped Diamond Electrode (1PA21) [pdf: 10K]
  • 電気化学会第66回大会(横浜)1999年3月31日-4月2日
    • 野口秀典・宮本大・大谷文章・魚崎浩平: 酸化チタン粉末の光励起初期過程におよぼす励起波長の影響 (1G21) [pdf: 26K]
    • 大谷文章・新谷哲子・魚崎浩平: 二次元不斉:軸不斉化合物を修飾した金表面のSTM観察 (3B05) [pdf: 47K]

pagetop

1998年11月〜1999年3月
  • 電気化学会第66回大会(横浜)1999年3月31日-4月2日
    • 野口秀典・宮本大・大谷文章・魚崎浩平: 酸化チタン粉末の光励起初期過程におよぼす励起波長の影響 (1G21) [pdf: 26K]
    • 大谷文章・新谷哲子・魚崎浩平: 二次元不斉:軸不斉化合物を修飾した金表面のSTM観察 (3B05) [pdf: 47K]
  • 日本化学会第76春季年会(東京)1999年3月28-31日
    • 大谷文章・新谷哲子・魚崎浩平: 軸不斉化合物の自己組織化不斉表面構造のSTM観察 (4F106) [pdf: 43K]
    • 宮川恵美・村上伸也・安田規志・尾上誠一・古南博・計良善也・大谷文章: 有機溶媒中における高活性酸化タンタル(V)光触媒の合成 (4F413) [pdf: 11K]
    • 村上伸也・古南博・計良善也・岡田克己・大谷文章: 超高活性酸化チタン(IV)光触媒(8) −水分解性能の評価− (4F426) [pdf: 13K]
  • 第83回触媒討論会(東京)1999年3月27-28日
    • 村上伸也・加藤潤一・古南博・計良善也・大谷文章: 超高活性酸化チタン光触媒による有機酸の分解 −吸着量と活性の相関 (2P02) [pdf: 24K]
  • 217th American Chemical Society National Meeting, Anaheim, March 21-25, 1999
    • H. Noguchi, B. Ohtani, K. Uosaki, Direct Observation of Photoinduced Electron Transfer Kinetics at TiO2 by Femtosecond Transient Absorption Spectroscopy (?) [pdf: 11K]
  • 北海道支部1999年冬季研究発表会(札幌)1999年2月2-3日
    • 新谷哲子・大谷文章・魚崎浩平: 軸不斉化合物の自己組織化不斉表面構造のSTM観察 (2B22) [pdf: 43K]
  • The Second SANKEN International Symposium on Chemical and Physical Perspective for Molecular Devices, Osaka, January 26-27, 1999.
    • Bunsho OHTANI, Akiko SHINTANI, Kohei UOSAKI, Two-dimensional Chirality of Self-assembled Monolayer of Atropisomeric Compounds (PB16) [pdf: 44K]
  • 1999年3学協会北海道支部研究発表会(札幌)1999年1月14日
    • 宮本大・野口秀典・大谷文章・魚崎浩平: フェムト秒拡散反射分光法による酸化チタン光触媒の再結合過程の追跡 (A08) [pdf: 17K]
  • 第5回シンポジウム光触媒反応の最近の展開(東京)1998年12月2日
    • 大谷文章・古南博・Robert M. Bowman・魚崎浩平: 超高速分光法による半導体光励起初期過程の追跡−再結合速度と光触媒活性の関係 (P76) [pdf: 30K]
    • 村上伸也・加藤潤一・古南博・計良善也・大谷文章: 超高活性酸化チタン光触媒による水溶液中の有機化合物の分解 −基質吸着量と活性相関の解析 (P77) [pdf: 22K]
  • The Electrochemical Society 194th Meeting, Boston, November 1-6, 1998
    • K. Uosaki, T. Nakanishi, B. Ohtani, Preparation and Photoelectrochemical Properties of Semiconductor Nanoparticles Layered Films on Gold
  • 1998年電気化学会秋季大会(長岡)1998年10月23日
    • 新谷哲子・大谷文章・魚崎浩平: 光学活性軸不斉化合物の金電極表面への修飾とSTM観察 (1H26) [pdf: 38K]
    • 野口秀典・大谷文章・魚崎浩平: フェムト秒過渡吸収分光法による酸化チタンの光誘起電子移動反応の追跡 (2B23) [pdf: 38K]
  • One Day International Symposium: Prospects for the Design of Environmentally Friendly Photocatalytic Systems Using Solar Beam and/or Visible Light, Sakai, November 10, 1998.
    • B. Ohtani, H. Noguchi, D. Miyamoto, K. Uosaki, Recombination Kinetics in Photoirradiated Semiconductor Materials: Femtosecond Diffuse Reflectance Spectroscopy of Semiconductor-Aqueous Solution Interface (5) [pdf: 15K]

pagetop