ホーム > 研究室メンバー/member > members (English)
研究室メンバー/member(199レコード)
■ 教授: 大谷文章(おおたにぶんしょう)
京都大学大学院工学研究科石油化学専攻博士課程修了(工学博士)・論文題目:「Photocatalytic Redox Reactions by Aqueous Suspension of Titanium Dioxide」・創成科学研究棟03-311-2号室・011-706-9132(ダイヤルイン)/011-706-9133(ファクシミリ)・
■ 准教授: エバ=コワルスカ(こわるすかえば)
グダンスク工科大学(ポーランド)博士課程修了(Ph. D.)・創成科学研究棟03-310-2号室・011-706-9130(ダイヤルイン)/011-706-9131(ファクシミリ)・
■ 助教: 高島舞(たかしままい)
東京工業大学大学院理工学研究科機械物理工学専攻博士課程修了・論文題目:「テクスチャDLC膜の合成及び高耐摩耗化に関する研究」・
■ 共同研究フェロー: 高瀬舞(たかせまい)
創成科学研究棟03-310号室・011-706-9130(ダイヤルイン)/011-706-9131(ファクシミリ)・
■ 秘書(技術補助員): 青木加苗(あおきかなえ)
創成科学研究棟03-311-2号室・011-706-9132(ダイヤルイン)/011-706-9133(ファクシミリ)・
■ 技術補助員: 佐々木未希(ささきみき)
長岡技術科学大学・02-109・
■ JSPS外国人特別研究員: ペン=ワン(わんぺん)
創成科学研究棟03-311-1号室・011-706-9130(ダイヤルイン)/011-706-9131(ファクシミリ)・
■ 学術研究員: 遠藤摩耶(えんどうまや)
創成科学研究棟03-310号室・011-706-9130(ダイヤルイン)/011-706-9131(ファクシミリ)・
■ 博士課程3年: 王コンルイ(おうこんるい)
中国青島農業大学資源環境学院・創成科学研究棟03-311-1号室・011-706-9130(ダイヤルイン)/011-706-9131(ファクシミリ)・ ・修士論文題目:Study on photocatalytic activity of anatase-rutile mixed titania particles based on isolation of each component
■ 博士課程3年: 竹内脩悟(たけうちしゅうご)
室蘭工業大学工学部応用理化学系学科・論文題目:「ピレン骨格を有する新規メカノフルオロクロミック材料の創製」・創成科学研究棟03-310-2号室・011-706-9130(ダイヤルイン)/011-706-9131(ファクシミリ)・ ・修士論文題目:光強度依存性解析にもとづく多光子光触媒酸素発生反応機構の解析
■ 博士課程3年: 新田明央(にったあきお)
明治大学理工学部応用化学科・論文題目:「LaTaON2を用いたZスキーム系による可視光水分解」・創成科学研究棟03-310-2号室・011-706-9130(ダイヤルイン)/011-706-9131(ファクシミリ)・ ・修士論文題目:逆二重励起光音響分光法による粉末光触媒中の電子トラップ密度解析法の開発
■ 博士課程3年: 堀晴菜(ほりはるな)
金沢工業大学環境・建築学部環境化学科(学士)・論文題目:「有機モンモリロナイトを利用した有機塩素化合物用化学センサの開発」・創成科学研究棟03-310-2号室・011-706-9130(ダイヤルイン)/011-706-9131(ファクシミリ)・ ・修士論文題目:タングステン酸ビスマス粒子の光触媒活性におよぼす結晶形態の影響の解析
■ 博士課程3年: 王嘉辰(わんじあちぇん)
創成科学研究棟03-311-1号室・011-706-9130(ダイヤルイン)/011-706-9131(ファクシミリ)・ ・修士論文題目:層間に白金を担持させた層状チタン酸−有機色素系水素生成光触媒の開発
■ 博士課程2年: 小林健太(こばやしけんた)
日本大学文理学部化学科・論文題目:「高圧下におけるシリカゲル細孔内の水の挙動」・ ・修士論文題目:十面体形状酸化チタン光触媒粒子の調製と結晶面選択的金属析出
■ 博士課程2年: 義煎健太(よしいりけんた)
室蘭工業大学工学部応用理化学系学科・論文題目:「新規メカノフルオロクロミック分子材料の創製―分子内に二つのトリフェニルアミン骨格を有する新規π電子系分子」・創成科学研究棟03-310-2号室・011-706-9130(ダイヤルイン)/011-706-9131(ファクシミリ)・ ・修士論文題目:Photocatalysis by titania particles modified with ruthenium complexes and plasmonic nanoparticles under UV and visible-light irradiation(プラズモンナノ粒子およびルテニウム錯体を担持させた酸化チタンによる紫外・可視光照射下の光触媒反応)
■ 修士課程2年: 柴俊介(しばしゅんすけ)
法政大学・
■ 修士課程2年: ボブ=ジョン(じょんぼぶ)
■ 修士課程2年: 吉原駿(よしはらしゅん)
早稲田大学・
■ 修士課程1年: フィトリ・リツキ=アマリア(あまりあふぃとりりつき)
Universitas Gadjah Mada, Yogyakarta, Indonesia・
■ 修士課程1年: 村上雄馬(むらかみゆうま)
苫小牧工業高等専門学校専攻科・
■ 修士課程1年: 山田千晴(やまだちはる)
名古屋大学理学部・
■ 修士課程1年: 李イチミン(りいちみん)
上海大学・
■ 研究生: 沈ヤン(しぇんやん)
中国科学院大学・
■ 研究生: 姜麟フー(じぁんりんふー)
鄭州大学・
■ 研究生: 陳光奕(ちぇんぐぁんいー)
雲南大学・
■ 研究生: 趙春宇(ちょうちゅんゆー)
武漢科技大学・